読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.5.6の授業

今日の授業では、ベトナム戦争のビデオを鑑賞した。
私は、ベトナム戦争について、今まで勉強してきた戦争の中でも複雑な内容であったという印象を持った。世界を舞台にした国対国の戦争とは少し違って、国の中で2つに分裂し同じ国の人同士が対立する、またそれに加えて外側の国(アメリカ)が加わる。ベトナムのみの内戦であると思いきや、他の国が介入していて、それは主にアメリカだという記憶が強かったがアメリカ以外にも関係していた国もあり、それに日本も含まれていたということ知り、あらためてベトナム戦争について理解することができた。
ビデオを見て、アメリカがベトナム(人)にしてきたこと、ベトナム戦争について実際とは異なる情報を流していたこと、どのシーンも悲惨で惨憺たるさまだと感じた。ビデオでは、ベトナムでの戦争の様々な状況を写真に残す日本人の写真家が出ていたが、その人が撮った写真のいくつかに歴史の教科書で見たことのある写真があって、とても印象的だった。生々しい戦争の状況を、鮮明に移してあるもので戦争の現実というのをその写真を見ることで考えさせられるものだと思った。
私たちは、実際の戦争を見ることも感じることもできないけれど、戦争で起きた正しい情報を聞いて考えることはとても大切であるとあらためて思った。ベトナム戦争当時のアメリカは、実際に起きたこととは異なる情報を民衆に伝えていた。それは民衆が戦争について考える見方を変化させるものになりうるということに気づかされた。戦争の実態を見ることができない私たちのように当時のアメリカの民衆も同じであり、情報頼りに考えることしかできない。そして、その情報は真実のことでなければいけないし、真実の情報を伝える人たちがとても重要であると強く思った。ビデオの中で、大統領の反対を押し切ってありのままの情報を伝えたニュースキャスターの姿、とその勇気ある行動に感動した。情報は、真実でもたとえデマでも受け入れられてしまうとても影響力のあるものであるとあらためて実感した。
今回のビデオ鑑賞は、ベトナムについてまた戦争についてしっかりと向き合う貴重な時間であった。